読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と温泉と..

山に行きたい。山へ行ったら温泉に入りたい。

那須茶臼岳―登山講習会 2017.1.22

去年くらいから雪山へ少しずつ行ってるけど、まだ初心者レベル。アイゼンとピッケルの使い方は独学しているが、実技はまた別なので講習会に申し込んだ。

アルパインツアーの企画で、那須茶臼岳まで新宿からバスで行く。楽チンなのも魅力だ。


f:id:cs2002ys12:20170124094247j:image

新宿に7:00集合で10時過ぎに登山口の大丸駐車場に到着した。


f:id:cs2002ys12:20170124094445j:image

天気は快晴。登山口は風もなくジャケットが暑いくらい。

f:id:cs2002ys12:20170124094611j:image

10:30雪に埋まった車道を歩き始める。


f:id:cs2002ys12:20170124095005j:image

ガイド2名を含む総勢15名の隊列。

登り始めが遅いので、この後下山者と何度もすれ違う。何時もはそのすれ違う方なので、逆の立場を味わう事になる。

気持ちよく声を掛けてくれる人、面倒くさそうに待つ人。

やっぱり前者の方が気持ち良いな。

逆の立場を経験するってやっぱ大事です。

f:id:cs2002ys12:20170124100050j:image

車道と登山道が何度か交差しながら登っていくと、ロープウェイ山麓駅に着く。冬季は運休中。


f:id:cs2002ys12:20170124212307j:image

山麓駅から更に緩やかに登っていく。


f:id:cs2002ys12:20170124212512j:image

峠の茶屋に到着。

無雪期は此処まで車で上がって来られるが、今は雪に閉ざされ静かな空間。


f:id:cs2002ys12:20170124212830j:image

鳥居が埋まってる。積雪は1.2m位だろうか。


f:id:cs2002ys12:20170124213226j:image

右前方に朝日岳


f:id:cs2002ys12:20170124213408j:image

道は緩やかでキツイと言うことは無い。

それでも呼吸を意識しながら一歩一歩進む。

道は風で雪が飛ばされ岩が露出して歩き難い。

f:id:cs2002ys12:20170124213700j:image

シュカブラを撮ったつもりだったが、よく判らん…


f:id:cs2002ys12:20170124213902j:image

前方に避難小屋が見えてきた。


f:id:cs2002ys12:20170124214204j:image

13:00峰の茶屋跡避難小屋に到着。

この辺りから風が強くなる。

フリースを1枚着込み、バラクラバを着けてフードを被る。

此処から先は強風に耐えなくてはならない。

f:id:cs2002ys12:20170124215341j:image

目指すは茶臼岳。


f:id:cs2002ys12:20170124215735j:image

上空の雲は流れているが、思ったほど風は強くない。

 
f:id:cs2002ys12:20170124220313j:image

福島県境の山々。

 
f:id:cs2002ys12:20170124221535j:image

お釜の向こうに茶臼岳山頂。

 
f:id:cs2002ys12:20170124221703j:image

13:55山頂。

祠はエビのしっぽを纏っているが、この時はほぼ無風。

 
f:id:cs2002ys12:20170124222001j:image

山頂標識柱も雪の庇を纏っている。

普段の風の強さが想像出来る。

 
f:id:cs2002ys12:20170124222437j:image

カメラポーズを取る余裕あり。拍子抜けするほど穏やかな山頂。360度のパノラマ。

雪山はこんなに優しくないんだろうなと思いながら、今日はこの好天を享受することにしよう。 
f:id:cs2002ys12:20170124222554j:image

 山頂の景色を堪能して下山開始。


f:id:cs2002ys12:20170124222809j:image

峰の茶屋に戻ってきた。
行きの強風は嘘のように止み、パンとお茶を補給する。


f:id:cs2002ys12:20170124223048j:image

峰の茶屋跡避難小屋の内部。
綺麗に手入れされているが、トイレは無く宿泊は禁止。


f:id:cs2002ys12:20170124223354j:image
朝日岳方面の道に後ろ髪を引かれながら、下山道に向かう。


f:id:cs2002ys12:20170124223557j:image

雪が柔らかいので、此処からアイゼンを外す。

f:id:cs2002ys12:20170124223806j:image

峠の茶屋に戻ってきた。

此処まで来ればあと10分ほど。

f:id:cs2002ys12:20170124222752j:image
大丸駐車場に帰って来た。

講習は行きのバスの中と道中でも行われて、勉強になった。

 団体ツアーは色々な人が参加して集団行動の問題点が色々露呈して考えさせられる。

今回もう~んと思わせる御仁がいらした。

本人はあまり気にしてないんだろうな。

反面教師としよう。

那須岳は三本槍や朝日等また来たい山々が在る。

次は温泉付きで来よう。