読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と温泉と..

山に行きたい。山へ行ったら温泉に入りたい。

御前山と奥多摩むかしみち 2017.1.14

御前山は何度か行ってるが、明るい時に行ったことが無い。全てハセツネで通過しただけなので..  それで御前山へ行こうと計画をした。上川乗から浅間嶺を経由して、小沢から湯久保尾根を行くつもりだったが、寝坊してしまい計画を変更。奥多摩湖から大ブナ尾根をチョイスした。


f:id:cs2002ys12:20170114205043j:image

奥多摩駅に8:21着で、8:35の丹波行きのバスに乗る。

 
f:id:cs2002ys12:20170114205224j:image

15分程で奥多摩湖に着く。

トイレを済ませて小河内ダムの堰堤を行く。

f:id:cs2002ys12:20170114205521j:image

堰堤を渡りきると広場に出る。

此処を左手に進むと登山口。


f:id:cs2002ys12:20170114205738j:image

階段に雪が付いてるので、早々にアイゼンとストックを出す。


f:id:cs2002ys12:20170115153229j:image

1時間程でサス沢山。


f:id:cs2002ys12:20170115153318j:image

眼下に奥多摩湖


f:id:cs2002ys12:20170115153401j:image

暫く行くと携帯が。

先行者か前日以前の登山者のものか。

置き去りにして行く訳には行かないんで、取り敢えず回収して進む。


f:id:cs2002ys12:20170115153624j:image

雪は少しずつ深くなっていくが、トレースが有るので歩き難いと言うことは無い。


f:id:cs2002ys12:20170115153729j:image

シダクラ尾根と合わさる手前で此方に向かってくる男性と遭遇。落とし主と判り無事携帯を引き渡す。交番まで持って行かなくて済んだ..

 
f:id:cs2002ys12:20170115170406j:image


f:id:cs2002ys12:20170115154009j:image

惣岳山。積雪は20cmほど。


f:id:cs2002ys12:20170115154112j:image

小河内峠からの道と合わさるが、此方にはトレースは無い。


f:id:cs2002ys12:20170115154223j:image

登ってる時は曇っていたが、青空が見えてきた。


f:id:cs2002ys12:20170115154319j:image

御前山山頂。人は誰も居ない。


f:id:cs2002ys12:20170115154529j:image
風も殆んど無く静かで穏やかな山頂。

周りは樹木に囲まれて、眺望は格別良いわけではないが雪が有るので良い雰囲気だ。


f:id:cs2002ys12:20170115154633j:image

山頂から10分程下ると避難小屋。

硝子サッシの入った綺麗な小屋。


f:id:cs2002ys12:20170115154928j:image

トレースと標識を追いながら、時々地図を確認して下っていく。


f:id:cs2002ys12:20170115155033j:image

やがて車道に出た。


f:id:cs2002ys12:20170115155204j:image

伐採作業をしているようだ。


f:id:cs2002ys12:20170115155232j:image

車道を歩いていくと、重機が道を塞いで作業中。

作業を中断して通してもらう。


f:id:cs2002ys12:20170115155535j:image

栃寄森の家。林業体験や森と親しむイベント等を行っているようだ。


f:id:cs2002ys12:20170115155922j:image

森の家から40分ほど車道を下っていくと青梅街道に出た。此処に境橋のバス停。


f:id:cs2002ys12:20170115160456j:image

奥多摩駅までは3km程なので、奥多摩むかしみちを行ってみる。


f:id:cs2002ys12:20170115160719j:image
集落を抜けて道は尾根を巻きながら延びている。


f:id:cs2002ys12:20170115160904j:image

奥多摩むかしみち奥多摩駅から奥多摩湖まで旧青梅街道を約9km歩く道。


f:id:cs2002ys12:20170115161546j:image

道標が整備されていて歩きやすい。


f:id:cs2002ys12:20170115161623j:image

石柱の道標。

f:id:cs2002ys12:20170115161750j:image

槐木(さいかちぎ)。

大八車や背負荷の休場として賑わったようだ。


f:id:cs2002ys12:20170115162207j:image

f:id:cs2002ys12:20170115162026j:image

道祖神馬頭観音などが往時のまま残っている。

f:id:cs2002ys12:20170115162219j:image
小僧が木魚を抱えて居眠り?背中には鼠が乗っている。


f:id:cs2002ys12:20170115162357j:image

廃線が見える。


f:id:cs2002ys12:20170115162459j:image

軌道が隧道に延びている。

中に入れるのかな。マニアしか行かないだろうな。


f:id:cs2002ys12:20170115162846j:image

かって小河内ダムの建設資材を運搬した東京都水道局小河内線青梅線氷川駅(現奥多摩駅)から水根駅を結ぶ約6.7km。ダム竣工後は観光線の案もあったが、現在は廃線(休線?)となっている。


f:id:cs2002ys12:20170115165515j:image

途中にトイレもあり、アップダウンも少なく歩き易い道だ。


f:id:cs2002ys12:20170115165838j:image

何度か青梅街道と接しながら駅の手前で交わった。此処から駅までは5分ほど。

雪山足馴らしに少しはなったかな。